鋳物師  阪井 修
1943長野県北安曇郡に生まれる
1959松川村立中学校 卒業
東京 伊藤美術鋳造研究所 伊藤忠雄のもとで年季奉公
1969年季を入れ、数々の国宝、重要文化財の鋳造を手掛ける
1975阪井鋳金所 設立
1981ポプラ社発行 『彫刻のできあがるまで』に鋳造工程が掲載される埼玉県入間市に工房を構える
2003~女子美術大学立体アート学科講師

鋳物師仕上師  阪井 泰彦 

1972東京都北区に生まれる
1990埼玉県立所沢西高校 卒業在学時より鋳物にふれる
1994阪井鋳金所 鋳物師 阪井修、仕上師 千野章に弟子入りする
1995イタリア蝋型鋳造を学ぶため渡伊テスコーニ美術鋳造所(ピエトラサンタ)に学ぶ
1998ダ・プラート美術鋳造所(ピエトラサンタ)に学ぶ
パティナトーレ(色付け職人)フランチェスコーニ・ヴァスコ氏からパティナ(イタリア式着色技法)を学ぶ
1999日本に帰国

造形師  阪井 清美

1972神奈川県座間市に生まれる
1992女子美術短期大学造形科彫塑 卒業
1993女子美術短期大学造形専攻科 終了
女子美術大学教務補佐として彫塑研究室に勤務
1997イタリアカッラーラ国立美術学院に留学
1999日本に帰国